MongoDBとNodeJSを使い始めるには?

NodeJSでMongoDBを使用する方法がわかりませんか?心配しないでください。このガイドはあなたを助けます.


NodeJSの概要

前回の記事では、MongoDBを使い始めるための手順を詳しく説明しました。この記事では、MongoDBで使用するインストールプロセスと用語について詳しく説明しています。.

NodeJS は、Google ChromeのJavaScript V8エンジンで実行される、人気のあるJavaScriptベースのバックエンドテクノロジーです。 NodeJSは、リクエストのオーバーヘッドが少なく、JavaScriptでのコーディングの自由度が高いため、バックエンド言語として非常に人気があります.

JavaScriptベースのフレームワークであるため、フロントエンドの開発エキスパートがNodeJSバックエンドを簡単に使い始めることができます.

このセクションでは、NodeJS環境のセットアップと、 最初のNodeJSコードを書く.

NodeJSのインストールはかなり簡単です.

NodeJSをインストールするには、 ダウンロード NodeJSサイトのページ。オペレーティングシステムに対応するセットアップをダウンロードします。セットアップを実行すると、ガイド付きのわかりやすいインストールが行われます.

Nodeのインストールと共にNode Package Manager(NPM)をインストールするようにしてください。セットアップが完了したら、次のコマンドを使用してインストールを確認できます.

$ノード-v
v8.11.1

ノードをインストールしたら、簡単なJavascriptファイルを作成し、ノードで実行します.

ファイルを作成する index.js 選択したディレクトリに以下のコードを追加します.

console.log( ‘これは私の最初のノードアプリケーションです’);
a = 5とします。
b = 10とします。
console.log( ‘a + b =’ +(a + b));

ファイルを保存したら、ターミナルまたはコマンドプロンプトを開きます。ファイルが保存されているディレクトリに移動し、次のようにコマンドを実行します.

$ノードindex.js

ノードエンジンはファイル内のコードを実行し、関連するステートメントをターミナルに出力します。上記のコマンドの出力は次のようになります.

これは私の最初のノードアプリケーションです
a + b = 15

MongoDB用のNodeJSプラグインのインストール

データベースとNodeバックエンドがインストールされたので、データベースにデータを挿入したりデータベースからデータを取得したりできる単純なNodeJSプロジェクトの作成に進みましょう。.

NodeJSでは、利用可能なプラグインにより、ほとんどすべてのタスクが簡単になります。 Javaのデータベースドライバーと同様に、NodeJSのMongoDBプラグインは、より簡単なコマンドでデータベースと通信するのに役立ちます.

Node Package Manager(NPM)は、単一のコマンドで多数のNodeJSプラグインをインストールするために使用されるプラグインです.

開始するには、以下のコマンドを使用して、練習用ディレクトリを作成し、ノードプロジェクト用に初期化します.

注意: NodeJSで使用できるIDEは多数ありますが、 Microsoft Visualコード 最もユーザーフレンドリーになります。プロセスを簡単にするために、お気軽にダウンロードしてください.

$ npm init
.
.
.

終了するには、いつでも^ Cを押してください.
パッケージ名:(node_practice)
バージョン:(1.0.0)
説明:ノードJSからMongo DBへ
エントリポイント:(index.js)
テストコマンド:
gitリポジトリ:
キーワード:
著者:
ライセンス:(ISC)
/Users/abhishekkothari/Desktop/node_practice/package.jsonに書き込みます:

{
"名前": "node_practice",
"バージョン": "1.0.0",
"解説": "ノードJSからMongo DB ",
"メイン": "index.js",
"スクリプト":{
"テスト": "エコー \"エラー:テストが指定されていません\" && 1番出口"
},
"著者": "",
"ライセンス": "ISC"
}

これでいい? (はい)

したがって、フォルダが初期化され、現在は package.json ファイル.

このpackage.jsonファイルは、ディレクトリにインストールされるプラグインの詳細を保持します.

NodeJS用のMongoDBプラグインをインストールするには、以下のコマンドを入力します.

$ npm install –save mongodb

このコマンドはプラグインをインストールします node_modules 必要な依存関係とともにディレクトリ。フラグ–saveにより、以下に示すように、プラグインがpackage.jsonの依存関係のリストに追加されます。.

"依存関係":{
"Mongodb": "^ 3.0.10"
}

最初のドキュメントの接続と挿入

必要なプラグインをインストールしたら、最初のドキュメントを挿入します。 MongoDBのドキュメントは、データベースのテーブルの1つに挿入された単一のレコードです.

開始するには、以下のコマンドを使用してMongoDBサービスを開始します.

$ ./mongod –dbpath =

Windowsの場合、以下のコマンドを使用します.

> "C:\ Program Files \ MongoDB \ Server \ 3.6 \ bin \ mongod.exe"

データベースに接続する最初のnodeJSコードから始めます。まず、index.jsファイルを作成します。以下のコードをファイルに追加します.

var mongo = require( ‘mongodb’)
var MongoClient = require( ‘mongodb’)。MongoClient;

var url = "mongodb:// localhost:27017 / newdb";

MongoClient.connect(url,
function(err、db){
(err)がerrをスローした場合
console.log("接続されたデータベース!");
db.close();
});

ここでnewdbは、データを入れたいデータベースの名前です。これは、MySQLのスキーマに似ています。.

ただし、MongoDBの場合の違いは、データベースを作成していない場合、プラグインがデータベースを作成することです。最初のドキュメントを挿入するには、以下のコードを反映するようにindex.jsを更新します.

var mongo = require( ‘mongodb’)
var MongoClient = require( ‘mongodb’)。MongoClient;

var url = "mongodb:// localhost:27017 / newdb";

MongoClient.connect(url,
function(err、db){
(err)がerrをスローした場合
console.log("接続されたデータベース!");
var dbo = db.db("newdb");
dbo.collection("学生").insertOne({"名前":"アビシェク","マーク":100}、function(err、res){
(err)がerrをスローした場合
console.log("1つのドキュメントが挿入されました");
db.close();
});
});

毎回ファイルを再実行する手間を省くために、プラグインのインストールを選択できます ノードモン. Nodemonはファイルの変更を監視し、変更時にファイルを自動的に再実行します.

nodemonをインストールするには、npmコマンドnpm install -g nodemonを使用します.

-gオプションは、nodemonをグローバルにインストールします。したがって、将来のすべてのノードプロジェクトで使用できます。.

簡単なコマンドnodemonを使用してnodemonを起動します.

すべてがうまくいけば、最初のドキュメントが次の名前のコレクションに挿入されます 学生. お気づきかもしれませんが、最初にテーブルを作成する必要はありません。.

最初のドキュメントを挿入すると、テーブルが自動的に作成されます.

複数のドキュメントを挿入する

JSON文字列に対するMongoDB関数。したがって、MongoDBに複数のドキュメントを挿入するのは非常に簡単です。 JSON配列を適切な関数に渡して複数のドキュメントを挿入するだけです.

複数のドキュメントを挿入するようにコードを更新しましょう.

var mongo = require( ‘mongodb’)
var MongoClient = require( ‘mongodb’)。MongoClient;
var url = "mongodb:// localhost:27017 / newdb";
MongoClient.connect(url,
function(err、db){
if(err)throwerr;
console.log("接続されたデータベース!");
vardbo = db.db("newdb");
dbo.collection("学生").insertMany([{"名前":"ジョン","マーク":90}、{"名前":"ティム","マーク":80}]、function(err、res){
if(err)throwerr;
console.log("挿入されたドキュメント");
db.close();
});
});

お気づきのように、コードには2つの変更点があります。関数が次のように変わります insertMany そして、最初の引数はJSON配列になりました。したがって、JSON配列として渡されたドキュメントが挿入されます.

レコードの表示、フィルタリング、削除

レコードを表示する

ドキュメントを挿入するための挿入機能と同様に、レコード表示機能もJSONベースのフィルターを受け入れます.

studentテーブルのすべてのレコードを表示するには、以下のコードを実行します.

var mongo = require( ‘mongodb’)
var MongoClient = require( ‘mongodb’)。MongoClient;

var url = "mongodb:// localhost:27017 / newdb";

MongoClient.connect(url,
function(err、db){
(err)がerrをスローした場合
console.log("接続されたデータベース!");
var dbo = db.db("newdb");
var results = dbo.collection("学生").find({});
results.forEach(row => {
console.log(row);
});
});

関数呼び出しfind({})は空のJSONを受け取り、データベースで利用可能なすべてのドキュメントを返します。上記のコードの出力は、次の図のようになります。.

接続されたデータベース!
{_id:5b1a1d323c5f4617b1263e49、名前: ‘Abhishek’、マーク:100}
{_id:5b1a20afb57cd517da966113、name: ‘John’、marks:90}
{_id:5b1a20afb57cd517da966114、名前: ‘Tim’、マーク:80}

レコードをフィルタリングする

レコードをフィルタリングするには、上記のfind({})関数でフィルター属性をJSONとして渡すだけです。コードは次のようになります.

var mongo = require( ‘mongodb’)
var MongoClient = require( ‘mongodb’)。MongoClient;

var url = "mongodb:// localhost:27017 / newdb";

MongoClient.connect(url,
function(err、db){
(err)がerrをスローした場合
console.log("接続されたデータベース!");
var dbo = db.db("newdb");
var results = dbo.collection("学生").find({marks:90});
results.forEach(row => {
console.log(row);
});
});

ここでは、90に等しいマークでレコードをフィルタリングしました。上記のコードの出力は、以下に示すものと同様になります。.

接続されたデータベース!
{_id:5b1a20afb57cd517da966113、名前:「ジョン」、マーク:90}

フィルター文字列の詳細については、次のWebサイトをご覧ください。 このリンク.

レコードを削除する

最後に、レコードを削除します。 NodeJSを使用したMongoDBでの削除操作は、行の検索に似ています.

基準は、フィルター・ストリング基準パターンに従うJSONを使用して提供されます。マーク= 90のレコードを削除するサンプルコードを以下に示します。.

var mongo = require( ‘mongodb’)
var MongoClient = require( ‘mongodb’)。MongoClient;

var url = "mongodb:// localhost:27017 / newdb";

MongoClient.connect(url,
function(err、db){
(err)がerrをスローした場合
console.log("接続されたデータベース!");
var dbo = db.db("newdb");
dbo.collection("学生").remove({marks:90});
var results = dbo.collection("学生").find({marks:90});
if(!results.count == 0){
console.log( ‘レコードが見つかりません’);
}
results.forEach(row => {
console.log(row);
});
});

上記のコードは、marks = 90のレコードを削除し、レコードが存在するかどうかを確認します.

上記のコードは、次に示すような出力を提供します。

接続されたデータベース!
レコードが見つかりません

これで、MongoDBをNode.jsアプリケーションで使用する方法についてのアイデアが得られれば幸いです。また、次の方法でさらに学習することもできます。 このオンラインコースを受講する.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map