WordPressでGoogle Cloud SQLを使用する方法

トラフィックの多いWordPressサイトの管理には多くの課題があり、そのうちの1つは データベース.


データベースは、 高いリソースを活用する CPU、メモリ、IOと同様に、ホストすることをお勧めします 個別にデータベース.

典型的なWordPressサイトは次のようなものです.

すべてのソフトウェアNginx / Apache、PHP、WordPress、MySQL / MariaDBが同じサーバーで実行されている場合.

すべてが同じサーバー上にあることは、小規模から中規模のトラフィックには問題ありませんが、トラフィックの多いWebサイトを管理し、各レイヤーを最適化する場合は 最適なパフォーマンス 次に、データベースサーバーを分離することができます.

それを行うには2つの可能な方法があります.

  1. 別のサーバー上のホストデータベース
  2. Google Cloud Managed SQLを使用する

あなたが時間を費やす準備ができている場合 & データベースの管理に力を入れれば、それはすばらしいでしょう。ただし、準備ができていない場合は、 Google Cloud Managed SQL.

Google Cloud SQLとは?

Cloud SQLは 高性能管理データベース (MySQL & PostgreSQL)Googleによるサービス。インストール、管理、パフォーマンスの最適化について心配する必要はありません.

使用した分を支払い、Googleにデータベースインフラストラクチャを処理させる.

Google Cloud SQLは 統合された App Engine、Compute Engine、またはローカルワークステーションを含むその他のホスティング/サービス.

データベースのレプリケーション、高可用性、自動フェイルオーバーのセットアップにはデータベースのスキルは必要ありません。Googleコンソールを使用して構成します.

準備ができて Cloud SQLがWordPressとどのように連携するかを確認する?

シナリオ –私はすべてが単一のサーバーで実行されているGoogle Cloud(Compute Engine)でホストされているWordPressサイトを持っています。次のようにして、データベースを分離します.

  • Cloud SQLインスタンスを作成する
  • 既存のMySQLデータベースからデータをエクスポートする
  • Cloud SQLにデータをインポートする
  • Cloud SQLを既存のWordPressサーバーから接続できるようにする
  • Cloud SQLに接続するようにWordPressの設定を変更する

Google Cloud SQLインスタンスの作成

  • に行く Cloud SQL そしてクリック インスタンスを作成する

  • 選ぶ MySQL そして次へ

  • を選択 第2世代

ご覧のとおり、第2世代は低コストで高いスループットを実現しています

  • 入力します インスタンスID
  • を選択 データベースのバージョン (常に最新の方が良いです)
  • を選択します 領域 & ゾーン

ヒント:既存のWordPressサーバーと同じリージョンにSQLインスタンスを置くことを常に好みます。ただし、WordPressがGoogle Cloudにない場合は、ホスティングから最も近い場所を選択してください.

  • デフォルトでは, n1-standard-1 マシンタイプで選択されています。必要に応じて自由に変更してください.
  • デフォルトの選択されたストレージタイプとして SSD
  • 自動バックアップ、バイナリログがデフォルトで選択されています-必要に応じて変更してください
  • 定義する方が良い メンテナンスウィンドウ & 時間 パッチ用.

ヒント:常に日を選択 & あなたのビジネスのためにあまり忙しくない時間

  • SQLを入力してください ルートパスワード 作成をクリックします

作成には数秒かかり、完了するとリストにインスタンスが表示されます.

既存のデータベースからのデータエクスポートの取得

  • MySQLが実行されている現在のサーバーにログインします。
  • mysqldumpコマンドを使用してデータベースをエクスポートする

mysqldump -u root -p [DATABASE_NAME] >/tmp/export.sql

で説明されているように、エクスポートにはさらにいくつかの手順があります。 Googleドキュメント.

Cloud SQLへのデータのインポート

データベースを作成して、名前を既存のままにします

  • に行く SQLインスタンス
  • クリック データベース タブ >> データベースを作成する
  • データベース名を入力し、作成をクリックします

次に、データをインポートします

  • クリック インポート ボタン
  • SQLファイルを選択し、[インポート]をクリックします。

数秒かかり、完了時に確認が表示されます

Cloud SQLアクセス制御の構成

これは、インスタンスに接続する必要があるユーザーを定義する場所であるため、アクセス制御は重要です。 2つの部分があります.

ネットワークの承認 – Cloud SQLインスタンスへの接続を許可するIPアドレスを追加します

  • アクセス制御に移動 >> ネットワークを追加し(承認サブタブの下)、WordPressサーバーのIPアドレスを追加して保存します

ユーザーアカウント – WordPressデータベース用に個別のユーザーアカウントを作成するとよい.

  • [ユーザー]タブに移動し、ユーザーアカウントを作成します
  • ユーザーとパスワードを入力してください

ヒント:ユーザーを維持できます & WordPressの設定変更を最小限にするために、既存のパスワード

Cloud SQLへのWordPressの構成

最後の部分では、Cloud SQLを指すようにwp-config.phpを変更する必要があります

いつものように、バックアップを取ります wp-config.php ファイル

viを使用してファイルを編集し、DB_HOST値をCloud SQL IPアドレスに更新します

から

/ ** MySQLホスト名* /
define( ‘DB_HOST’、 ‘localhost’);

/ ** MySQLホスト名* /
define( ‘DB_HOST’、 ‘104.155.153.82’);

104.155.153.82はCloud SQLインスタンスのIPであり、その下にあります プロパティ概観 タブ.

ファイルを保存し、WordPressサーバーでPHP、Nginxを再起動します。

注意:あるCompute EngineからMySQLクライアントを使用してCloud SQLインスタンスに接続することもできます。 ここで説明しました.

よくやった!あなたが持っている 成功した 分離されたWordPressデータベース.

それが機能することを確認するためにアクセスしてみてください。大丈夫、あなたがしたいかもしれません MySQLを停止する WordPressサーバー上.

MySQLの停止

Google CloudSQLに満足したら、サーバーで実行中のMySQLを停止することを考えることができます.

使用する場合 Ubuntu 16.x

サービスmysql停止

これは停止しますが、サーバーが再起動すると再び開始するため、次に自動起動を無効にする必要があります.

update-rc.d mysql disable

ために CentOS 6.x

mysqldサービスの停止

自動起動から無効にする

chkconfig –del mysqld

MySQLをアンインストールすることもできますが、ローカルで使用する場合に備えて、インストールしたままにしておくことをお勧めします。.

Google CloudでMySQLを管理することは非常に簡単です 簡単な, そして私は問題に遭遇しませんでした.

WordPressサーバーからデータベースを分割する必要がある場合は、Google Cloud SQLが適しています。それがどのように機能するか見てみてください.

構成の変更、サーバー管理に関連するものに慣れていませんか? WordPress用のマネージドGoogle Cloudプラットフォームを活用する.

タグ:

  • GCP

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map