プラグインなしでWordPressデータベースのバックアップを取る方法

私たちはWordPressを非常に多くの素晴らしい理由で愛していますが、適切に処理しないと脆弱性が発生しやすく、深刻な損害をもたらす可能性があることは否定できません。.


したがって、WordPressサイトがある場合、すべての愚行からそれを遠ざけるように適切な注意を払うことが不可欠です。この点で重要なメンテナンス手順の1つは、サイトを定期的にバックアップすることです.

あなたはあなたが持っているときにあなたのデータで何もうまくいかないことができるという考えを保持するかもしれません 自動バックアップシステム あなたのウェブサイトにインストールされています。ただし、問題がいつどのように発生するかはわかりません。.

ですから、時間、労力、お金の多くを費やしてきたハードワークの周りには、常にセキュリティの層を追加するようにしてください。すべてのデータが失われるのに1分もかかりません(人為的エラーまたは技術的エラーのため)。最初から物事を始めるのは非常に怖いかもしれません。.

データを保護する最善の方法は、WordPressデータベースを時々手動でバックアップすることです。最初は圧倒的に聞こえるかもしれませんが、信頼してください。プロセスに費やす時間は毎秒価値があります.

このバックアップは、ウェブサイトがハッキングされ、管理領域からロックアウトされた場合に便利です。このような場合に管理領域にアクセスすることは非常に困難な場合があるため、バックアップにプラグインを使用することは完全に問題外です。.

今日のチュートリアルでは、プラグインなしでWordPressデータベースのバックアップを実行する方法を説明します。その前に、WordPressデータベースの基本を理解しましょう.

WordPressデータベースについて

WordPressは、データベース駆動のPHP Webアプリケーションです。したがって、データベースを完全にバックアップするには、次のものを個別にバックアップする必要があります。.

  • あなたのワードプレスのブログ
  • WordPressファイル
  • WordPress MySQLデータベース
  • ルート構成ファイル

WordPressブログには、これまでにWebサイトにアップロードしたすべてのコンテンツが含まれます。 WordPressファイルには、WordPressウェブアプリケーションファイル、プラグインファイル、テーマファイルが含まれています.

3つ目は、ユーザー情報、パスワード、コンテンツ、WordPressプラグインとテーマの設定、ウェブサイトの設定など、より機密性の高い情報です。.

最後の1つでは、.htaccessなどのさまざまなルート構成ファイルをバックアップします。サーバー構成ファイル、googlecode.html、BingSiteAuth.html、Wp-config.phpなどのウェブマスターツール識別ファイルなど.

WordPress wp-config.phpファイルについて 

WordPress wp-config.phpはあなたのウェブサイトの重要な部分です。データベース接続の詳細だけでなく、デバッグオプション、WordPressセキュリティキー、その他の同様のデータなど、他のいくつかの重要な情報も含まれています。標準データベースには11のテーブルが含まれています。これらの表は次のとおりです–

  • wp_commentmeta
  • wp_comments
  • wp_links
  • wp_options
  • wp_postmeta
  • wp_posts
  • wp_terms
  • wp_term_relationships
  • wp_term_taxonomy
  • wp_usermeta
  • wp__users

プラグインなしのバックアップのさまざまな方法

プラグインなしでデータベースをバックアップする方法はいくつかあります。この投稿では、Webサイトで使用できる3つの方法について説明します。彼らです –

  1. cPanelを使用した自動バックアップのスケジュール
  2. cPanelを使用して手動バックアップを作成する
  3. phpMyAdminを使用して手動バックアップを作成する

1. cPanelを使用した自動バックアップのスケジュール

ほとんどの共有ホスティングプロバイダーは、あなたのウェブサイトの自動バックアップをスケジュールできるcPanelを提供しています。これを行うことにより、サイトをバックアップする自動化された方法が作成されるため、自分で行うという面倒なすべてのステップをスキップできます。.

設定は数分で完了します。そのためには、まずcPanelにログインして、 cronジョブ アイコン.

wpデータベースの手動バックアップ

バックアップを実行する時間と頻度を設定できるオプションを含む新しい画面が開きます。必要に応じて設定してください。こんな感じになります.

[コマンド]フィールドに、次のコマンドをコピーして貼り付けます。

mysqldump –opt -Q -u dbusername –password = dbpassword dbname | gzip > /path-to-store-the-backup-file/db_backup.sql.gz

dbpasswordの代わりに、データベースユーザーのパスワードを書き留めます。を一重引用符で囲みます dbpassword それが正しく機能するために.

代わりに、dbnameは、バックアップするデータベースの名前を記述します。また、path-to-store-the-backup-fileを、バックアップを保存するサーバー内のファイルパスに置き換える必要があります。.

以上です。物事が正しく行われたかどうかを確認したい場合は、トウモロコシの作業をテストして、機能するかどうかを確認してください。.

注:WordPressデータベースの名前は、 wp-config.php WordPressのルートにあるファイル.

2. cPanelを使用して手動バックアップを作成する

データベースの手動バックアップを作成するには、まずWebホストのコントロールパネルにログインし、[ファイル]の下の[バックアップウィザード]オプションを選択する必要があります.

wpデータベースの手動バックアップ

バックアップウィザードの下に、別のバックアップオプションがあります。このセクションでは、バックアップの2つの異なるオプションが表示されます。 1つを使用すると、データベースの完全なバックアップを作成でき、もう1つでは部分的なバックアップを作成できます.

完全バックアップを実行することは現実的だと思うかもしれませんが、小さな問題があります。完全バックアップがある場合、同じホストにいる間はそれを復元できません.

この手順は、別のホストに移行し、データベースを新しいホストに復元する場合に便利です。.

一方、部分バックアップでは、同じホスト内でデータベースを復元できます。サイトが外部の脅威に感染したり、さまざまな理由でダウンした場合に、このバックアップを使用できます.

wpデータベースの手動バックアップ

どのバックアップを希望する場合でも、それぞれに4つの異なるセクションをバックアップする必要があります.

  1. ホームディレクトリ サイトのテーマ、プラグイン、アップロードされたコンテンツで構成されます.
  2. MySQLデータベース 投稿やコメントを保存するサイトの設定で構成されています.
  3. メール 転送とその構成
  4. メールフィルター.

wpデータベースの手動バックアップ

各オプションに個別に移動してダウンロードします。それらをPCに保存します。また、ハードドライブにそれらを安全に保つことができます。完了すると、データは安全になり、後で必要なときにいつでも復元できます.

3. phpMyAdminを使用して手動バックアップを作成する

通常、WordPressホスティングプロバイダーのphpMyAdminがコントロールパネルにインストールされています。したがって、ユーザーはコントロールパネルに手を置いて、そのメンテナンスに必要なタスクを簡単に実行できます。.

phpMyAdminを使用してWordPressデータベースの手動バックアップを作成するには、最初にcPanelにログインする必要があります。画面に表示されるページに移動すると、設定、メール、ファイル、ログ、セキュリティなどのさまざまなオプションが表示されます.

これらのオプションの1つは、データベースオプションです。このオプションでは、phpMyAdminと呼ばれます. このオプションをクリックすると、ウィンドウにphpMyAdminという新しい画面が表示されます。次に、左側のWPデータベースオプションを選択します.

データベースの一部であるテーブルのリストが表示されます。画面上部のメニューバーに、構造、SQL、検索、クエリなどのいくつかのオプションが表示されます。[エクスポート]オプションを探してクリックします。これにより、データベースをファイルにエクスポート/バックアップできます.

画面にデータベースをエクスポートするための2つの異なるオプションがあります。一つは クイック オプション、そしてもう一つは カスタム 下の画像のようなオプション.

wpデータベースの手動バックアップ

カスタムオプションを使用すると、エクスポートするものとエクスポートしないものをより詳細に制御できます。カスタムオプションを選択します。これはあなたが得るもののスクリーンショットです.

wpデータベースの手動バックアップ

WordPressデータベースに存在するテーブルのリストが表示されます。それらのすべてを選択するか、エクスポートしたくないものを選択できます。通常、テーブル上のすべてのアイテムを選択しても安全です.

上の画像では、 出力をファイルオプションに保存する 出力セクション. このオプションをチェックして選択します utf-8 ために 「ファイルの文字セット」. 圧縮には、 圧縮された または gzip圧縮 オプション.

次に、ページの最後に移動して、「実行」を選択します。ファイルをダウンロードするためのさまざまなオプションがあります。選択内容に応じて、データベースの圧縮形式または圧縮形式のいずれかを取得します.

それでおしまい。あなたの仕事は終わりました.

ご存知のとおり、WordPressデータベースをバックアップするいくつかの方法で、緊急時にこれらのバックアップを復元する方法を確認しましょう.

バックアップからのMySQLデータベースの復元

MySQLデータベースのバックアップからの復元は非常に簡単です。 phpMyAdminを使用すると、すばやくそれを実行できます。そのためには、まずcPanelにログインして、データベースセクションに移動する必要があります。次に、 phpMyAdmin アイコン.

左側には、2つの異なるオプションのメニューがあります。そこから、バックアップをインポートするデータベースを選択します.

wpデータベースの手動バックアップ

データベースを選択すると、選択したデータベースの構造を示す新しいページが表示されます。ページ上部のメニューで[インポート]オプションを選択します.

バックアップの復元

新しいページが画面に表示されます。参照ボタンをクリックして、コンピュータからインポートするものを選択します。 Goボタンをクリックして、プロセスを完了します。完了すると、インポートが完了したことを示す確認メールが画面に表示されます.

結論

安全のために、WordPressデータベースのバックアップを定期的に実行することをお勧めします。特に、新しいテーマ設定でWebサイトを更新する場合、または追加機能用のプラグインを追加する場合.

My WP Backup Proなどのプレミアムバックアッププラグインを使用して、複数の場所でバックアップを取り、簡単に復元できるようにすることもできます。.

これがあなたのお役に立てば幸いです.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map