Amazon LightsailでJoomla Webサイトをホストする方法は?

AWSを搭載したLightsailでJoomla Webサイトをセットアップするためのステップバイステップガイド.


数週間前, アマゾン と呼ばれる新しいサービスを発表しましたライトセイル」月額$ 5からVPS(仮想プライベートサーバー)を提供.

5ドルのプランでは、512 MBのRAM、1つの仮想CPU、20 GBのSSD、1 TBの転送を利用できます

価格を見てみると、 DigitalOcean.

LightsailはAWS(Amazon Web Service)の上にあり、多くの 特徴 Joomla、WordPress、Magento、Drupal、Node.js、MEANなどのホスティングを容易にする.

ただし、この記事では、–に焦点を当てます Joomla.

いくつかの注目すべき 特徴.

  • 静的IPアドレス
  • スケーラブルでAWSサービスへのアクセス
  • SSHターミナル
  • サーバー監視
  • 高性能SSDストレージ
  • スナップショット
  • スピーディー & 安全なネットワーク
  • 最初の月は無料

はじめましょうか.

Lightsailアカウントを作成する

  • Amazon Lightsailウェブサイトにアクセスしてクリック サインアップ
  • メールアドレスを入力して、「私は新規ユーザーです」を選択します。
  • 「ログイン資格情報」の情報を入力します & [連絡先]ページで[アカウントを作成]をクリックします。
  • クレジットカード情報を入力して、アカウントを有効にしてください
  • 完了したら、資格情報でログインすると、「はじめに」ポップアップが表示されます.

Joomlaインスタンスを作成する

まだログインしていると仮定して、リストから「Joomla」を選択します

  • 下にスクロールしてプランを選択します
  • ウェブサイトをホストするゾーンを選択してください

  • 必要に応じてインスタンスの名前を変更し、[作成]をクリックします。

  • 設定には数秒かかり、一度完了すると完了します。作成されたインスタンスが表示されます

Lightsailサーバーへの接続

Lightsailサーバーに接続するには2つの方法があります

ブラウザ経由 –ブラウザ自体から直接サーバーにアクセスできます。インスタンスをクリックすると、[SSHを使用して接続]ボタンが表示されます。

これはおそらく 最も簡単 接続する方法。セッションはLightsailログインで認証されているため、資格情報を入力する必要はありません.

rootになるには、次のように「sudo su –」と入力します.

SSHクライアントの使用 –あなたは従うことができます 詳細な手順 PuttyのようなSSHクライアントを使用して接続する方法について.

Lightsailインスタンスの管理

あなたはあなたを管理することができます 全体 ブラウザを介してサーバーとJoomlaを実行し、重要な構成のいくつかを見てみましょう & メトリック.

IPアドレス –ドメインにマップする1つのパブリックIPと1つのプライベートIPを取得します。インスタンスが1つだけの場合は、プライベートIPを使用できません。ただし、他のAWSサービスに接続する場合は、これが必要になることがあります.

パブリックIP & プライベートIPがインスタンスの横に表示されます.

使用率レポート – CPU、ネットワーク使用量を1時間、6時間、1日、1週間、2週間の間隔で取得します.

それは「指標” タブ.

ファイアウォール– ポート22、80 & デフォルトでは443が許可されています。ただし、他のポートを許可する場合、または既存のポートを編集する場合は、ブラウザーの[ネットワーク]タブで行うことができます。.

からのSSHポートの変更 22 ブルートフォース攻撃を防ぐには、他の何かに.

スナップショット –インスタンスのバックアップを作成すると便利です。何か問題が発生した場合は、作成したスナップショットで復元できます.

VMの再起動 –停止して再起動するオプションは、インスタンスの詳細のすぐ隣にあります.

パブリックIPへのドメインのマッピング

ドメイン名をパブリックIPにマッピングする前に、 固定IP. 表示される現在のパブリックIPは動的であり、VMを再起動すると変更される可能性があります.

  • 静的パブリックIPを作成するには、[他のリソースを作成]をクリックして[静的IP]を選択します。
  • IPをアタッチするインスタンスを選択し、[作成]をクリックします。
  • 数秒で、新しいパブリック静的IPが取得されます

これで、このパブリックIPをレジストラでドメインにマッピングする準備が整いました。ドメインレジストラーにログインして、 Aレコードを更新する ために ドメインをパブリックIPに.

例として、ドメインが登録されている場合 安い名前

  • ドメインの横にある「管理」をクリックします
  • 「高度なDNS」に移動します。
  • [新しいレコードを追加]をクリックします。
  • 「A Record」を選択してパブリックIPアドレスを入力し、緑色のチェックマークをクリックして変更を保存します.

伝播するのに時間がかかります グローバルにDNS. あなたは使うことができます DNSレコード検索ツール Aレコードを確認する.

完了したら、ドメインにアクセスしてみます。Joomlaのデフォルトページが表示されます。.

何だろう 信任状 Joomla管理コンソールにログインするには?

デフォルトのユーザー名は– ユーザー

パスワードはファイルに保存されます– / home /Bitnami/ bitnami_application_password

Joomlaテンプレートを設定し、Joomlaを保護することを忘れないでください.

ライトセールのパフォーマンス

Lightsailを使用して自分のWebサイトで速度テストを実行した結果、 素晴らしい.

私は拡張機能をインストールしなかった、そしてそれは未満でロードされた 一秒.

ダラスのGTmetrixテスト

TWCテスト カリフォルニアから

ニューヨークのPingdomテスト

Joomlaのパフォーマンスが向上 ライトセイル そして私に有望に見えます。 1か月は無料です。代替手段が必要な場合は、最高のJoomlaホスティングプラットフォームをいくつかチェックしてください。.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map