IBM WebSphereをインストールしてフィックスパックを適用する方法は?

IBM WebSphere 8.5.5をインストールする手順。ネットワーク配置およびフィックスパックの適用.


前提条件

WebSphere NDをインストールするには、IBMから製品をダウンロードしておく必要があります。そうしないと、組織によっては、エンジニアリングチームがカスタムパッケージを作成することになります。どちらの方法でも–製品パッケージをインストールする準備ができている必要があります.

WebSphereをインストールするには、IBM Installation Managerも必要です。.

WebSphereをインストールするには、IBM Installation Managerが必要です。 WebSphere ND 7を使用している場合は、WebSphere 8 ND以前は必要なかったため、新しいものです。.

WebSphere 8.5.5バージョンでフィックスパックを適用するには、IMも必要です。.

コンポーネントバージョンサポートされるマトリックス

また、Java SE、Java EE、サーブレット、JSP、JSF、EJB、JMS、JDBCについては、以下にリストするサポートされているマトリックスを確認する必要があります。通常、開発者はこれを確認します.

 8.5.58.58.07.06.1
Java SE6 & 76 & 7665
Java EE66651.4
サーブレット3.03.03.02.52.4
JSP2.22.22.22.12.0
JSF2.02.02.01.21.1
EJB3.13.13.13.03.0
JMS1.11.11.11.11.1
JDBC4.14.04.04.03.0

IBM Installation Managerのダウンロード

ここで説明するように、IBM IMはIBM Webサイトからダウンロードできます。 IBM IMとWebSphereをダウンロードするには、IBM IDが必要であることに注意してください。.

持っていない場合は、で登録して作成できます。

https://www.ibm.com/account/profile/us?page=reg

IBM IDの準備ができていると思います。 IBM IMのダウンロードを始めましょう.

  • お気に入りのインターネットブラウザを開きます
  • クリックしてIBM IM 1.8.3をダウンロードします ここに
  • プラットフォームに基づいて選択してください。このデモでは、Linux 64ビットを使用します.

  • [続行]をクリックすると、Download Directorを使用してダウンロードするか、ブラウザー(HTTPS)を使用してダウンロードするかのオプションが表示されます.

  • 「続行」をクリックしてダウンロードリンクを取得します.

  • リンクをクリックしてダウンロードを開始します。インターネットの速度によっては数分かかる場合があります.
  • ダウンロードしたら、次のファイルが必要です

agent.installer.linux.gtk.x86_64_1.8.3000.20150606_0047.zip

WebSphere 8.5.5 NDのダウンロード

IBMは、このデモで使用するWebSphere ND Fullプロファイルの60日間の試用版を提供しています.

  • お気に入りのインターネットブラウザを開きます
  • 次のリンクにアクセスしてください

https://www-01.ibm.com/marketing/iwm/iwm/web/download.do?source=swerpws-wasnd85&S_PKG = 500026211&S_TACT = 109J87BW&lang = en_US&dlmethod = http

  • ここにリストされている多くの製品が表示されますが、次の3つは私たちの関心事です.

  • 3つのパートすべてについて、「今すぐダウンロード」をクリックします。インターネットの速度によっては数分かかる場合があります.
  • ダウンロードしたら、次の3つのファイルが必要です。.

was.repo.8550.ndtrial_part3.zip
was.repo.8550.ndtrial_part2.zip
was.repo.8550.ndtrial_part1.zip

IBM Installation Managerのインストール

  • IBM IM Zipファイルをダウンロードしたパスに移動します

agent.installer.linux.gtk.x86_64_1.8.3000.20150606_0047.zip

  • unzipコマンドを使用してファイルを解凍します

unzip agent.installer.linux.gtk.x86_64_1.8.3000.20150606_0047.zip

  • 抽出すると、次のようになります

インストールファイルを実行してインストールを開始しましょう

./インストール

GUIモードでインストールプロセスが開始されます。[次へ]をクリックします 

  • ライセンス契約に同意し、[次へ]をクリックします

デフォルトでは、/ opt / IBMにインストールされますが、ディレクトリを変更する場合は、この画面で変更できます。. 

  • インストールの概要情報を確認し、[インストール]をクリックしてインストールを開始します.
  • (パスなど)何かを変更したい場合は、[戻る]をクリックして変更できます。.

数秒かかる場合があり、パッケージがインストールされたことを確認します. 

[閉じる]ボタンをクリックしてウィンドウを閉じることができます.

WAS 8.5.5 NDのインストール

GUIモードでのインストールは簡単で、新しいWebSphere学習者に推奨されます.

  • 次のzipファイルをダウンロードしたパスに移動します.

was.repo.8550.ndtrial_part3.zip
was.repo.8550.ndtrial_part2.zip
was.repo.8550.ndtrial_part1.zip

  • unzipコマンドを使用して解凍します

unzip was.repo.8550.ndtrial_part3.zip
unzip was.repo.8550.ndtrial_part3.zip
unzip was.repo.8550.ndtrial_part3.zip

  • 抽出したら、次のものが必要です

IBM Installation Managerを起動して、WebSphere NDをインストールしましょう.

IMをインストールしたパスに移動します。パスをデフォルト値から変更していない場合、 

cd / opt / IBM / InstallationManager / eclipse /

  • IBMIMを実行して起動します

./ IBMIM

  • 以下のようなInstallation Managerウィザードが表示されます

  • ファイルをクリックします >> 環境設定
  • 「リポジトリーの追加」をクリックします
  • [参照]をクリックして、repository.configファイルを選択します。 Repository.configファイルは、ダウンロードしたWebSphere zipファイルを解凍したパスで利用できます。.

  • [OK]をクリックして、もう一度[OK]をクリックします.

インストールを開始するために必要なrepository.configが正常に構成されました。ウィザードの[インストール]アイコンをクリックします. 

  • バージョンの前のチェックボックスを選択し、次へをクリックします

  • ライセンス契約に同意し、[次へ]をクリックします

  • リソースディレクトリを選択し、[次へ]をクリックします。デフォルトのパスのままにすることができます.

  • WebSphereがインストールされるパスを選択します。 / opt / IBM / WebSphereにインストールしてよければ、デフォルトのパスのままにして、[次へ]をクリックします。

  • 必要に応じて言語翻訳を選択し、[次へ]をクリックします

  • 次の画面でインストールする機能を選択できます。管理者が環境を展開してテストするのに役立つので、ほとんどの場合、「サンプルアプリケーション」に進むことをお勧めします。次へをクリック

 

最終的に, レビューの概要情報が表示されます。変更する必要がある場合は[戻る]をクリックし、それ以外の場合は[インストール]をクリックします。 

インストールには数分かかる場合があり、完了すると完了します。次の確認があります.

  • 「なし」を選択し、「完了」をクリックします

すごい, これで、WebSphereのインストール手順に慣れました。.

WebSphere Fix Packの適用 

WebSphere管理者の重要なタスクの1つは、実稼働環境のテクノロジースタックが最新であることを確認することです。セキュリティ、機能強化など、多くの機能があります & バグ修正はIBMからリリースされています.

フィックスパックのダウンロード

フィックスパック6は、WebSphere 8.5.5で利用可能な最新のパックで、以下のデモに示されています。.

  • お気に入りのインターネットブラウザを開きます
  • 次のリンクにアクセスしてください

http://www-01.ibm.com/support/docview.wss?uid=swg24040035

  • 目的のプラットフォームのzipファイルを選択します。 Linuxを使用しているため、「分散」プラットフォームのダウンロードを続行します.

フィックスパック6は2つの部分で提供されているため、以下に示すように両方をダウンロードして[続行]をクリックする必要があります。

  • IBM IDでログインしてフィックスパックをダウンロードします

  • 各ファイルをクリックします(パート1 & パート2)ダウンロードする

  • ダウンロードしたら、次のファイルが必要です

8.5.5-WS-WAS-FP0000006-part1.zip
8.5.5-WS-WAS-FP0000006-part2.zip

フィックスパックのインストール

フィックスパックのzipファイルをダウンロードしたパスに移動します

  • unzipコマンドを使用して解凍します

unzip 8.5.5-WS-WAS-FP0000006-part1.zip
unzip 8.5.5-WS-WAS-FP0000006-part2.zip

フィックスパックの適用に進む前に、確認する必要があります WASが実行されていません. 重要な環境で作業している場合は、WebSphere全体のバックアップを取ることもお勧めします。.

  • IBM Installation Managerを起動します
  • ファイルをクリックします >> 環境設定
  • 「リポジトリーの追加」をクリックします
  • 「参照」をクリックして、フィックスパックを抽出した後に取得したrepository.configを選択します。
  • OKをクリックします

  • 以下のようなものが必要です。続行するには[OK]をクリックしてください

  • 次へをクリック

これにより、バージョン8.5.5.6がrepository.configファイルで認識されていることを確認できます。次へをクリック

  • 利用規約に同意し、[次へ]をクリックします

  • ここでは、必要に応じて機能をカスタマイズできます。次へをクリック

  • 概要情報を確認し、[更新]をクリックします

数分かかり、最後に、以下に示すような成功メッセージが表示されます.

これは、バージョン8.5.5にフィックスパック6を適用しており、WASバージョンが8.5.5.6であることを示しています。.

これがIBM WebSphereのインストール手順を理解するのに役立つことを願っています.

Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me
    Like this post? Please share to your friends:
    Adblock
    detector
    map